関西大学

工学部 都市環境工学科

工学研究科 ソーシャルデザイン専攻

都市環境工学分野

Kansai University
 

  在学生からのメッセージ

学部生(社会資本計画学研究室)

「公共事業は税金の無駄遣いである」というのをよく耳にしますが、なぜ土木事業がなくならないのか不思議に思ったことはありませんか?土木工学を学べば、道路、鉄道、港湾、河川、上下水道、橋梁、ダムといった土木事業の重要性が見えてきます。私の場合、経済性を考慮した社会基盤整備のあり方についての研究を卒業論文のテーマにしています。みなさんもより良い社会を作るために都市環境工学を学んでみませんか?

院生(社会資本計画学研究室)

都市環境工学科では、計画・環境・建設・設計という4つのテーマをもとに、土木全般のことについて幅広く学ぶことができ、4年生になると、特に自分が興味のある分野についてさらに深く研究することができます。ちなみに、私は交通の流れを円滑にするための信号制御や道路計画に大変興味を持っていたので、現在「信号サイクルの変化がもたらす交通流への影響」について研究しており、充実した毎日を送っています!  

学部生(環境システム研究室)

都市環境工学科は、社会に出るにあたって最低限必要な専門と基礎知識を学べるとともに、自分がやりたいこと・学びたいことを実行できる可能性に満ちあふれています。インターンシップ制度が充実し、社会を直に学べる環境も整っています。この学科は、みんな仲がよく、共に学び、共に向上していくという高い意識をもっている人が多数います。皆さんも是非、都市環境工学科に入学して共に学びましょう!!  

院生(環境システム研究室)

私達は環境に相互に影響し合う関係となっています。そのため、現在社会では、都市の環境整備を良くすることで私達の生活を豊かにすることが求められています。私の研究室では、私達の生活の身近な都市環境整備である水環境・リサイクル・循環資源活用等についての研究を行っています。私達と共により良い都市環境を創造していきませんか?

 

学部生(環境防災水工学研究室)

都市環境工学科は、その名のとおり都市について学ぶ学科です。一言に都市といっても、その機能は驚くほどたくさんありますが、私はその中の一つである防災と言う分野について研究しています。近年では、大地震や多発する水害により、人の命を守る防災と言う機能への注目が高まっています。時代によって都市に求められる機能は変化し、そのたび都市は進化していきます。生き物のように進化する都市工学を学びませんか?

院生(環境防災水工学研究室)

私たちが普段何気なく目にしている道路、鉄道、橋梁、河川、港湾などといった社会基盤について深く学び、それらをより身近に感じることができるのが都市環境工学科です。この社会基盤整備に携わるには、専門知識だけでは優秀な技術者として社会で活躍できません。経済性、快適性、景観、環境への影響などにも考慮しなければならないため、それぞれの分野のエキスパートである先生方の熱心な指導により、幅広い視野を備えた高度な技術者を目指すことができます。将来スケールの大きなプロジェクトに携わり、人々の生活を支えていきたいと考えている人にはお勧めです。

 

学部生(構造システム研究室)

都市環境工学科では、私たちが生活していく中に必要不可欠で、暮らしを支えてくれる社会基盤施設(橋梁、鉄道、ダム、河川)について深く学ぶことができます。市民の生活を支えることができるだけに、社会貢献度も大きく、将来やりがいのある職業につくことができます。その中で私の在籍する研究室では、橋梁などの設計に必要な構造解析はもちろんのこと、さまざまな社会基盤施設を対象に、新しい手法や観点から維持管理に関する研究を行っています。  

院生(構造システム研究室)

社会基盤施設を建設する過程には、さまざまな業務があります。そして、都市環境工学科で学ぶ、土木工学という学問がそれぞれの業務に必ず活きてきます。構造システム研究室では、土木工学の中の一部の分野の知識をより深め、構造物の耐荷力と、維持管理計画に関する研究に取り組んでいます。これらの研究は、みなさんが安全に、そして快適に生活するためにはとても重要なものです。社会貢献度の高いこの学科に興味を持ち、私たちと一緒に社会を築きませんか。  

学部生(鋼構造デザイン研究室)

都市環境工学科で学ぶ事は、人々がより快適な生活を送るうえで必要不可欠なことばかりです。地震、洪水、津波などの自然災害から人々を守る技術をはじめとし、日常生活で無くてはならない道路、鉄道などの計画・設計から都市の交通問題、環境問題の対策まで学べる分野が幅広いことも魅力的です。その中でも現在私は、鋼構造物を対象として今後ますます増えることが予想される補修・補強などを含めた維持管理についての研究をしており、将来はエンジニアとして社会貢献できるように日々励んでおります。

 

院生(鋼構造デザイン研究室)

都市環境工学科では、道路、橋梁、ダムや港湾、河川、上下水道等の都市基盤施設の整備、環境保全、都市の計画といった“人々が生活しやすい環境づくり”に関する総合的な技術を学ぶことが出来ます。その中でも、私の所属している研究室では主に橋梁の設計・維持管理に関する研究をしています。既存のインフラを永く大事に使っていかなければならないこれからの時代、維持管理の専門的な力をつけることは大変意義深いことだと思います。皆さんも都市環境工学科で一緒に学びませんか?  

学部生(地盤システム工学研究室)

ご存知のとおり、私達は、鉄道・道路・トンネル・港湾等の社会資本に囲まれて生活しています。これらは、経済活動、防災といった面で私達を支えています。私が所属している地盤システム工学研究室では、都市における過密や防災の問題を解消すべく、地下空間を創出・利用するジオフロント工学や、地盤・地下水汚染対策のためのシミュレーション等をしています。都市環境工学科にて、このようなスケールの大きな問題に挑戦するエンジニアの道を歩んでみてはどうでしょうか。  

院生(地盤システム工学研究室)

日本は、地形・地質・気象的に非常に厳しい条件が揃っており、地震や台風による自然災害が多発する国です。このため、毎年のように人々の命や財産が奪い去られています。都市環境工学は、人々の生活を自然災害から守ることができる学問です。現在、私は、斜面災害を防ぐための地盤調査に関わる研究をしています。みなさんも都市環境工学科で、人々の安全な暮らしを守る技術者を目指しませんか。  

学部生(建設材料学研究室)

都市環境工学科と名前は変わりましたが、私の中ではあくまで土木工学科です。社会基盤をこの手で造る楽しみ・充実感に代えられるものはありません。先輩方とのつながりもしっかりとしており、私は多くの先輩から土木の必要性、楽しみ、やりがいなどを叩きこまれました。土木は3Kと言われ敬遠されがちですが、深く学べばそんな意識は消え去ります。自分が携わったモノを使う人々の笑顔を見てみたい人は、是非都市環境工学科に入りましょう。  

院生(建設材料学研究室)

みなさんが普段利用している道路、上下水道、橋、鉄道などは社会基盤施設と言われていますが、あって当然と思われがちです。しかしそれらは私たちの生活を支えるためのものであり、なくてはならないものです。私の研究室では今の社会のニーズに応えるために、コンクリートを用いた材料面での研究に取り組んでいます。みなさんも都市環境工学科で学び、社会の要望に応える技術者を目指しませんか?  

学部生(社会基盤情報研究室)

都市環境工学科では社会基盤施設の計画・設計・施工・管理について学んでいます。私はIT技術というものに非常に興味を持ち、IT技術が社会基盤整備において、どのように活かされているのかを学びたいと思い、この研究室を選びました。卒業するころにはしっかりコンピュータを使いこなせるようになり、その技術を活かせる人間になりたいと考えています。  

院生(社会基盤情報研究室)

都市環境工学は国民のための工学であり、技術者は国民のニーズに応え、ともに都市構造物を計画、設計、建設、維持・管理していきます。都市環境工学は構造物の計算・建設というイメージが強いですが、それだけではなく、計画・管理を行うことで、生活の向上や市民の安全確保などにも取り組んでいます。  


[都市環境工学科Topへ]
 
このページは「関西大学 工学部 都市環境工学科 広報委員会」が運営しています。
Copyright (C) 2005 Department of Civil and Environmental Engineering, Kansai University All Rights reserved.
ご連絡は(06)6368-1121(内線6502)まで お問合せはこちらへ